Photoshop (Beta)の内容について(2024年4月リリース)

2024年4月にリリースされた『Photoshop Beta』
以前にもPhotoshop Betaはあったけど「今回は何が変わったの?」という点を検証・解説していきます。

インストール方法

まずはまだ使用したことがない方のためにPhotoshop Betaのインストール方法から説明していきます。
まずはネットで「Photoshop Beta」と検索し、以下のページを開きます。

そして「開始」をクリックします。

ポップアップが表示されるので、「Creative Cloud Desktop App を開く」を選択します。

そしてPhotoshop (Beta)の「インストール」をクリックします。

インストールが終わったら「開く」をクリックします。

後はいつも使っているPhotoshopと同じ要領で操作していきます。

リリースポイント①:生成塗りつぶしの基本性能の向上

先日のPhotohsopのアップデートから実装された「生成塗りつぶし」機能がアップデートされました。

ということで早速実際に検証してみます。

まずは背景を用意します。

選択範囲を作成し、

「生成塗りつぶし」を選択後、プロンプト(指示)にちょっと複雑な内容を入力し「生成」

そしてできたのがこちら(左がPhotoshop/右がPhotoshop Beta)

正直なんとも言えないので他のパターンでも比較。

そしてできたのがこちら(左がPhotoshop/右がPhotoshop Beta)

こちらであればBetaがアップデートしたというのもなんとなくわかります。

次は少し用途を変えて、対象の被写体以外を消す指示を出してみます。

そしてできたのがこちら(左がPhotoshop/右がPhotoshop Beta)

指示の仕方が悪いのか、そこまで目に見えてアップデートされたという印象はありませんでした。

リリースポイント②:生成塗りつぶしに「参照画像」機能の追加

こちらは今回初めて実装された機能で個人的に注目度の高い「参照画像」の機能。
内容としては生成塗りつぶしの際に、画像を追加することでテキストのみでは伝えきれない部分を画像で指示できるというもの。

早速下の画像で検証していきます。

選択範囲を作成し、「パーカーを着せる」と指示を出した後、
赤枠をクリックします。

「画像を選択」をクリックします。

今回はこちらの黄色いパーカーを参照画像として開きます。

そして「生成」をクリックします。

すると下画像が出来上がりました。

なんとも言えない結果だったので別の写真でも試してみます。

こちらの画像を範囲選択し、

先ほど同様「生成塗りつぶし」でパーカーの画像を参照し「生成」をクリックすると
下の画像が出来上がりました。

こちらもなんとも言えない仕上がりでした。

こちらの機能はある程度条件がそろっていないと馴染ませるのが難しいのかもしれません。

リリースポイント③:生成塗りつぶしに「類似を生成」機能の追加

こちらはAdobe Fireflyにあった画像生成後の「類似を作成」機能がPhotoshopでも使用できるようになった、というものです。

下のようにまずは生成塗りつぶしで指示(今回は犬)を出し画像を作成します。

そして「…」をクリックすると下画像が表示されるため、「類似を生成」を選択します。

すると類似の新規バリエーションが生成されます。
以前のPhotohsopでは都度新規生成をする必要があったため、
こちらの機能が実用的になれば、
ちょっとした微調整に非常に役立ちそうです。

リリースポイント④:生成塗りつぶしに「ディティールの強調」機能の追加

使用頻度は高くなさそうですが、こちらも新機能のため説明していきます。
まずは生成塗りつぶしで画像を作成します(今回は蝶)。

バリエーションにカーソルを合わせると、こちらの赤枠が表示されるので、
こちらをクリックすると少しだけ画質がパキッとした印象になります。

比較するとこんな感じですが、現段階ではまだそこまで実用的ではないのかなといった印象でした。

リリースポイント⑤:生成拡張の基本性能向上

こちらは先日のPhotohsopのアップデートから実装された「生成拡張」機能がアップデートされました。

ということで早速下の画像を例に実際に検証してみます。

まずは「切り抜きツール」でカンバスを拡張し、その後コンテキストタスクバーの「生成拡張」をクリックします。

そしてできたのがこちら(左がPhotoshop/右がPhotoshop Beta)

こちらはPhotoshop Betaの方が違和感がなくアップデートされたのが見てとれました。

リリースポイント⑥:「背景削除→背景生成」機能の追加

こちらの機能は特定の条件下でのみ使用できる機能になります。
まずは画像をPhotoshop Betaで開きます。
するとコンテキストタスクバーに「背景を削除」というボタンがあるためそちらをクリックします。

すると自動で背景が削除され、「背景を生成」ボタンが新たに表示されるのでそちらをクリックします。

「幻想的な背景 光 羽 ファー」と指示を入力し、「生成」をクリックします。

そしてできたのが下の画像。
こちらもなんとも言えない仕上がりでした。

なので切り抜きはせず、選択範囲を作成し、「生成塗りつぶし」をクリックし、

「幻想的なエフェクト」と指示を入力し、さらに「画像参照」をクリックし、

ファーの画像を参照画像として設定し、「生成」をクリックします。

すると以下のような仕上がりになりました。
先ほどに比べるとこちらのやり方の方がかなりクオリティが高いように感じます。

リリースポイント⑦:「画像を生成」機能の追加

こちらの機能はAdobe Fireflyにあった「画像生成」機能がPhotoshopでも使用可能になったというものです。
0から画像を作成ができるのはとても便利なので紹介していきます。
まずは新規ファイルを作成した状態で、「画像を生成」をクリックします。
※他にレイヤーがあるとこのボタンは表示されないので注意

そして生成したい画像について指示を入力します

今回は「幻想的な背景 ダーク 光 煙 星」で他の設定は特にせず「生成」をクリックします。

すると下の画像が生成されました。

この機能は今回のリリースで個人的に一番の衝撃でした。

次は同じ指示ですが、「画像参照」もできるためそちらを条件に追加していきます。

こちらの画像を参照していきます。

参照が終わったら「生成」をクリックします。

すると下の画像が生成されました。
体感としては指示よりかなり参照画像に引っ張れらる印象でした。

また、コンテンツタイプも選択できるため、追加で設定していきます。

まずは「アート」を選択し「生成」します。

すると下のような仕上がりになりました。

次は「写真」を選び「生成」します。

すると下のような仕上がりになりました。

他にも「効果」を設定することもできます。

「人気」をクリックしてみるといくつか効果の候補が表示されます。

今回は「ボケ効果」を選択し「生成」します。

すると下のような仕上がりになりました。

「コンテンツタイプ」「効果」は若干テイストが変わるので、
微調整したい場合使えるかもしれません。

まとめ

今回のPhotoshop Betaリリースで個人的に良いなと思ったのは、以下になります。

*画像生成機能の実装
→都度検索しなくても素材画像の作成ができる

*生成拡張機能の向上
→シンプルにクオリティの向上

*1枚画像を加工したい場合の画像参照を活用した生成塗りつぶし
→加工作業の効率化

とは言え、まだまだ手作業での調整は必要だなと感じたため、
今後さらなるアップデートに期待したいところです。