文字ツールでテキスト入力

Photoshopでは『文字ツール』を使用することでデザインにタイトル・文章などのテキストを入れることができます。

文字ツールの種類

文字ツールは4つありますが、主に使うのは赤枠のものになります。

横書き文字ツール:横向きに文字を入力する

縦書き文字ツール:縦向きに文字を入力する

文字の入れ方

文字の入れ方は2つあります。

①カンバス上でクリック:Enterキーを押さない限り横向きもしくは縦向きに文字が直線上に入力される

②ドラッグして文字の入力範囲を選択:入力範囲にあたったら自動で改行される、改行された文字が入力範囲を超えた場合カンバス上では見えなくなる

文字情報の変更

文字情報を変更したい場合は、上部メニューの『ウィンドウ』→『文字』を選択します。

するとこのような画面が出てきます。
主に変更する内容としては以下になります。

①フォント  ②フォントサイズ  ③行送り  ④トラッキング(カーニング)  ⑤文字カラー

【①フォント】

フォントをクリックするとフォント一覧が表示されるため、好きなフォントに変更することができます。
フォントを増やしたい場合は(a)をクリックします。

Adobeが無料で提供してくれているフォント一覧が表示されるため、
使用したいフォントが見つかった場合『ファミリーを表示』をクリックします。

フォント詳細画面が表示されるため、インストールする方法は2つあります。

(b.1)フォント全体をまとめてインストールする
(b.2)フォントを1つ単位でインストール

インストールが完了すると『アクティベートしました』と表示され、ボタンがON状態に更新されます。

そうするとフォント一覧の中に先ほどインストールしたフォントが表示され、使用することができます。

※フォントはネット上に無料のものや有料のものもあるため、そちらからインストールすることも可能です

【②フォントサイズ】

1.テキスト全体をサイズ変更

テキスト選択後、フォントサイズに数値を入力することで文字サイズの変更ができます。

2.テキストの一部をサイズ変更

テキストの一部を選択状態にし、フォントサイズの数値を入力します。

すると選択したテキストのみがサイズ変更できます。

【③行送り】

行送りに数値を入力することで行間サイズの変更ができます。
こちらはフォントサイズ同様行ごとに数値の変更ができます。

【④トラッキング(カーニング)】
1.テキスト全体を文字間変更(トラッキング)

そもそもトラッキングとは、選択した文字全体の文字間隔を一律に調整することをいいます。
トラッキングに数値を入力することで文字間隔の変更ができます。

2.テキストの一部を文字間変更(カーニング)

カーニングとは、文字と文字の間隔を個別に調整することをいいます。
また、「メトリクス」や「オプティカル」という自動で調整してくれる機能もあります。

個別に調整したい場合は文字間にカーソルを合わせ、数値を入力もしくは
mac:optino+矢印キー(←or→)
windows:alt+矢印キー(←or→)
で調整することができます。

【⑤文字カラー】

文字カラーをクリックするとカラーピッカーという画面が表示され、以下の内容が変更可能になります。

①明度の変更 / ②彩度の変更

また、フォントサイズ同様一部のカラーを変更することもできます。
その場合、フォントカラーは「?」と表示されます。

他にも細かい設定はいくつかありますが、実際に操作してみた方が文字ツールは理解が早いため、早速操作してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする