テキストの編集・文字詰めをする方法【カーニング】

テキストの記事は以前こちらで載せていますが、

今回はさらに詳細についてご説明していきます。

テキストの詳細を編集したい場合

テキストの詳細を編集したい場合はまずは

上部メニューから『ウィンドウ』→『文字』へ進みます。

すると以下のような画面が表示されます。

元々画面右の「Al」が作業画面上にある場合はそちらを押すことで

こちらの画面が表示されます。

フォントの変更

下画像の赤枠でフォントの変更をすることができます。

文字の大きさの変更

下画像の赤枠で文字の大きさの変更をすることができます。

ちなみに下画像のように選択したテキストのみ大きさを変更することもできます。

行間サイズの変更

下画像の赤枠で文字行間のサイズ変更をすることができます。

文字間サイズの変更(カーニング)

下画像の赤枠で文字間のサイズ変更をすることができます。

この行為を【カーニング】といいます。

ちなみに今回の「ス」と「ト」の文字間のように、

テキストによって文字間が他のテキストに比べて広い場合があります。

そういった場合は単独で文字間を狭くすることができます。

カーソルを合わせてalt+矢印キーを押すことで文字間を調整できます。

ワンランク上のデザインを仕上げるにはこちらのカーニングは必要なテクニックになります。

特に名刺、ポスターなどテキストを使ったデザインをする方は覚えておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする