テキスト(文字)でデザインの雰囲気を表現

記事で見たい方は下へスクロール▼

デザインにおいて、

画像素材が重要なことはご存知かと思いますが、

それと同じくらい重要なのが、

『テキスト(文字)』

です。

・フォント

・文字の加工(レイヤー効果)

は特に印象に影響力があるため、勉強しておきましょう。

テキストの入れ方

ツールバーの「T」を選択します。

カンバス上でクリックもしくは、

クリック長押しでドラッグするとテキストを入力することができます。

↓クリックした場合(範囲設定なし)

↓クリック長押しでドラックした場合(範囲設定あり)

フォント

下の画像を見てもらうとわかる通り、

同じ『PS』文字でも、形が違うだけで与える印象が全然変わってきます。

ちなみに、フォントを変更したい場合は、

編集画面右側の『Al』のアイコンをクリックしてから、

下画像の『次にここをクリック』のところをクリックします。

※もし『Al』のアイコンが表示されていない場合は、

上部メニューの『ウィンドウ』→『文字』をクリックしましょう。

フォント一覧が表示されたら、

カーソルを合わせることで、フォントが反映されるので、

確認してみましょう。

ちなみに、私のフォント一覧に『Tk』のアイコンがあるフォントがあるのですが、

これはAdobeが提供してくれているフォントです。

下画面の右上赤枠『Tk』からダウンロードページに移動することができます。

実際に使用したいフォントがある場合、

下画面にある『アクティベート』をONにします。

下のような画面が表示されたらインストール完了です。

インストールを解除したい場合は、

『アクティベート』をOFFにします。

Photoshopの画面に戻り、

フォントを確認すると、

インストールされているのが確認できます。

また、『Tk』フォントの他に、

ネット上にも有料・無料のフォントがあります。

オリジナリティー溢れるフォントが多いので、

興味があれば、一度ネット検索してみると良いでしょう。

ただ、フォントを活用する際に注意点があります。

フォントによっては、

・日本語に対応していない

・少しの漢字しか対応していない

などといった場合があります。

そういう場合、

何も表示されなかったり、下画像のようにエラー表示されます。

フォントをインストールする際には、以上の点を気をつけましょう。

レイヤー効果

『レイヤー効果』もデザインの雰囲気を表現するのに欠かせません。

レイヤー効果は、

『指定したレイヤーに対して特殊な効果をつける』

と覚えておきましょう。

(レイヤー効果はテキストだけでなく、画像にも使うことができます)

使い方ですが、

レイヤー上で右クリックし、

『レイヤー効果』をクリックしましょう。

そうすると、

下画像のような設定画面が表示されます。

実際に効果をつけてみます。

効果を適応する場合は、

効果の名前の左のチェックボックスをクリックします。

例えば、『ベルルとエンボス』という効果を適応すれば、

メタリックな質感を出すことができます。

『境界線』の効果を適応すれば、

文字の縁に色をつけることができます。

また、『シャドウ(内側)』と『カラーオーバーレイ』を組み合わせて、

彫刻のような質感を出すこともできます。

他にも、レイヤー効果だけで、

下画像のように、ワッペンのようにしたり、金ピカにしたりすることもできます。

金ピカのものに関しては、

実際には5つの効果しか使用していません。

それでも、ここまでの効果をつけることができます。

早速レイヤー効果を使って、

触りながら覚えてみてください。