顔・肌を綺麗にする方法【レタッチ】テクニック!!

記事で見たい方は下へスクロール▼

デザイン業界で仕事をしていく上で必要になるテクニックの1つが、

「肌のレタッチ」です。

ちなみに、雑誌やポスターに載ってるモデルさん達は基本このレタッチが行われています。

最近だと、ネットで検索すれば、加工前の画像が見れたりしますね。

コツさえ掴んでしまえば簡単にできてしまうので、覚えてしまいましょう!

今回はこちらの画像を使って説明していきます。

1.ほくろやニキビは「スポット修復ブラシツール」で修正

まずレタッチをする場合、

ほくろやニキビなどの大きな修正箇所を修正していきます。

例えば今回だと、赤枠で囲った部分を修正したい箇所とします。

まず、左のツールバーの「 … 」となっているところを右クリックします。

そうすると、色んなツールが表示されるので、

その中の「スポット修正ブラシツール」を選択します。

ブラシの直径は調整ができるので、

消したい箇所より少し大きめのサイズにするのがおすすめです。

また、種類が「コンテンツに応じる」になっていることを確認しておきます。

実際に1つほくろがあるところをクリックします。

そうすると、ほくろは消えて、かつ周りの肌になじんでいるのがわかります。

この調子で気になる部分をトントントントンと修正していきます。

するとこんな感じに仕上がります。

大きな修正箇所の修正が終わったら次の作業に入ります。

2.肌のキメは「ぼかし」でナチュラルな雰囲気に修正

では早速肌の質感を整えていきます。

まずは1で修正したレイヤーを「command+J」で複製します。

「command+I」で階層の反転をします。

反転したレイヤーのレイヤーモードを「オーバーレイ」にします。

なんとも言えない色味になったら、

ここまでは順調にできています。あともう少しなので、頑張りましょう!

「フィルター」→「その他」→「ハイパス」を選択します。

「半径」の数値の基準は、画質によっても変わってくるため、

肌質がナチュラルな感じになる数値を見ながら設定します。

設定が終わったら「OK」をクリックします。

設定が終わったら「レイヤーマスクを追加」します。

「Shift+delete」で塗りつぶしをします。

内容を「ブラック」、不透明度「100%」に設定したら「OK」をクリックします。

すると、先ほどのレイヤーが一度全て消えた状態になります。

ナチュラルな肌感を出したい部分を表示させたいので、

「ブラシツール」で「白色」を選択後、

修正したい部分を塗っていきます。

実際に修正する前とした後ではこれくらいナチュラル感に違いが出ます。

下にナチュラル修正前と後の画像を貼っておきます。

以上が顔・肌を綺麗にする【レタッチ】テクニックの説明になります。

この方法を使えば、簡単に肌の修正を行うことができるので、

ぜひ今後のPhotoshopに役立ててみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする