レイヤーってなあに?

記事で見たい方は下へスクロール▼

日常生活では聞きなれない言葉ですが、

Photoshopではこの「レイヤー」を理解していないと、

そもそもデザインができませんw

全然難しくないので、早速覚えちゃいましょう!!

レイヤーとは?

レイヤーとは、簡単にいうと、

デザインの『1つの素材』のことです。

下の画像の右下の部分がレイヤーパネルといい、

その中にそれぞれのレイヤーが入っています。

レイヤーは「画像」もしくは「テキスト」のどちらかです。

上にあるレイヤーが優先で素材が一番前に配置されていきます。

わかりやすくすると、下の画像のようなイメージです。

この順番が変わると、

素材が隠れてしまう可能性があります。

順番を変えるには、

レイヤーをドラッグすれば簡単に操作できます。

新しいレイヤーを作成する

「デザインに新しい素材を追加したい!」

という場合は、下画像の赤枠の「新規レイヤーを作成」ボタンをクリックしましょう。

そうすると、下画像のように新しいレイヤーが作成されます。

レイヤーの名前を変更する

レイヤーが多くなるようなデザインをしていると、

ちゃんとレイヤーの名前を表記しておかないと後々どれがどれかわからず、

面倒なことになります。

レイヤーの名前は簡単に変更することができるため、

名前を変更して自分がデザインしやすい環境を作りましょう。

レイヤーの名前を変更するには、

下画面中に説明がありますが、

名前を変更したいレイヤーの名前部分をダブルクリックします。

そうすると、変更画面に切り替わります。

変更が終わったら「Enter」キーを押してあげれば完了です。

レイヤーを固定する

また、デザイン中に、

「このレイヤーは編集が終わったから、操作できないように固定したい」

と思う時があります。

そんな時のため、レイヤーを固定する方法をマスターしましょう。

レイヤーを固定するには、

固定したいレイヤーを選択している状態で、

下画面の赤枠の鍵のマークをクリックします。

そうすると、下画面のように、

固定したレイヤーの右側に鍵のマークが表示されます。

こうすれば、

移動ツールでうっかり位置をずらしてしまう、

などのようなことがなくなります。

レイヤーをグループで管理する

レイヤーの名前を表記してわかりやすくするのもよいですが、

『グループで管理する』という方法もあります。

こちらも結構使うことが多いため、

覚えておくと良いでしょう。

グループと書いてありますが、

パソコンの『フォルダ』をイメージしてもらうとわかりやすいかと思います。

下画像の赤枠の『新規グループを作成』をクリックします。

そうすると、選択していたレイヤーの上にグループが作成されます。

グループにレイヤーを入れるには、

レイヤーをグループの上にドラッグします。

レイヤーがちゃんとグループ内に入ると、

グループに入ったレイヤーは左側にスペースができます。

また、下画面の赤枠をクリックすることで、

グループ内のレイヤーを表示したり非表示にすることができます。

レイヤーを整理することで、

自分がデザインしやすいだけでなく、

誰かにデザインを引き継いだ際に無駄なタイムロスを防ぐことができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする