Photoshopで効率的に画像を消す方法【レイヤーマスク】

記事で見たい方は下へスクロール▼

以前「写真から人を切り抜きする方法」の記事をアップしました。

その時に【レイヤーマスク】の機能について説明したのですが、

人の切り抜き方法をメインで載せていたため、

今回は【レイヤーマスク】をメインに説明していきたいと思います。

レイヤーマスクとは?

レイヤーマスクとは、「画像消し機能」と覚えてもらうとわかりやすいと思います。

しかし、画像消しをするのであれば、「消しゴムツール」があります。

そこで、まずは「レイヤーマスク」と「消しゴムツール」の違いを簡単にご説明します。

消しゴムツールの使い方

消しゴムツールは文字通り、画像を消しゴムの様に消すことができます。

消しゴムツールには、

メリットとデメリットがあります。

<消しゴムツールのメリット>

操作が単純で使用が簡単

<消しゴムツールのデメリット>

レイヤーをラスタライズする必要がある

一度消してしまうと、修正がきかない

レイヤーマスクの使い方

次にレイヤーマスクですが、まずは消したい画像を選択してから、

下画像のように、レイヤーマスクのアイコンをクリックします。

そうすると、画像の右側に白い四角が出現します。

この状態で、ペンツールやブラシツールを使って”黒く”塗ることで、

その部分の画像が消えます。

鉛筆ツールもしくはブラシツールを選択後、

描画色が”黒”なのを確認後、実際なぞってみるとその部分が消えます。

しかし、消えた部分に関してですが、”白”で塗ると元に戻ります。

レイヤーマスクにも、消しゴムツール同様にメリットとデメリットがあります。

<レイヤーマスクのメリット>

スマートオブジェクトの状態でも画像の部分消しが可能

消しすぎた場合に修正が可能

<レイヤーマスクのデメリット>

消しゴムツールで消した時に比べ容量が大きくなる(気にしなくて良いレベル)

消しゴムツールとレイヤーマスクを比較してみて

断然【レイヤーマスク】を使うことをオススメします。

デザインをしている上で、「修正」なんていうのは避けられない壁です。

それができない=1から作り直しということになります。

そんなことが好きな変態はいないと思うので、

狂ったようにレイヤーマスクを活用しましょうw

レイヤーマスクはこんなこともできる

レイヤーマスクは応用すればこんなこともできるんです。

例えば、選択ツールを使って範囲設定後、レイヤーマスクをクリックすると、

選択された部分以外の画像が消えます。

また、グラデーションツールで黒色をかければ、

このようになめらかに画像を消すこともできます。

これを知っておくと、2つの画像を組み合わせて1つの画像にしたり、

誰かの顔に誰かの顔を入れてアイコラ画像的なものも作ることができますw

1つの機能でも応用次第では色んなことができるので、

ぜひレイヤーマスクについては覚えておきましょう!