レイヤーが増えたら【グループ化】でデータを整頓!

記事で見たい方は下へスクロール▼

Photoshopの使用に慣れてくると、

色んな画像や図形やテキストを組み合わせるため、

必然的に「レイヤー」の枚数は多くなります。

例えばこちらのチラシですが、

レイヤーパネルはこんな感じです。

そのままにしておくと、

後から修正が必要な場合に、修正したいレイヤーを探すのが手間になるため、

作業効率が悪くなってしまいます。

自分だけならまだしも、誰かに業務を引き継ぐとなった場合、

レイヤーがそのまま散らかされたような状態だったら、

あまり良い気はしないですよね?

そこで、【グループ化】する方法を覚えておきましょう。

レイヤーのグループ化とは?

そもそもレイヤーをグループ化するとは、どういう意味なのでしょうか。

わかりやすいイメージだと、

パソコンのデスクトップ上に画像やWordなどのデータがあり、

そのデータ達を「フォルダ」に入れるようなものです。

内容や項目に応じてまとめておくことで、

作業効率がグッと上がります。

レイヤーをグループ化する方法

レイヤーをグループ化したい場合、

まずはまとめたいレイヤーを選択した状態にします。

次に、上部メニューバーの「レイヤー」→「レイヤーをグループ化」をクリックします。

(ショートカットキーはmacなら「command + G」、Windowsなら「Ctrl + G」)

そうすると、「グループ1」と書かれたフォルダのようなレイヤーが出現します。

これが「グループ」です。

そのままの名前だと、複数のグループがある場合わかりにくいため、

レイヤー名同様、グループ名もわかりやすいものに変更しておきましょう。

(名前部分をダブルクリックすることで変更ができます)

また、下画像のように、フォルダのアイコン左の「>」マークをクリックすると、

グループ内のレイヤーを見ることができます。

再度クリックすれば、非表示となります。

グループ化を覚えておけば、ただレイヤーをまとめるだけでなく、

・グループの中にグループを作成

・グループ全体にレイヤー効果をつける

こともできます。

ぜひグループ化を覚えて編集画面のレイアウトもすっきりさせましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする