撮った写真を簡単に加工する方法

記事で見たい方は下へスクロール▼

これから実際デザインをする上で起こることがこちら↓

・撮った写真の明るさや色味が自分のイメージしていたものと違う

ガッカリしている人のイラスト(男性)

理想と現実は違うってやつですねw

でも大丈夫、Photoshopはそんなあなたのお悩みも解決してくれちゃうんです。

レベル補正(明るさや色の強弱を修正したい時にオススメ!)

『レベル補正』機能は、

上部メニューバーから『イメージ』→『色調補正』→『レベル補正』から進みます。

そうすると、下画像のような画面が表示されます。

白い△を左にドラッグすると、

明るい部分がさらに明るくなります。

逆に黒い▲を右にドラッグすると、

暗い部分がさらに暗くなります。

実際に使うとしたら、

それぞれを少しずつ内側にドラッグすると、

コントラスト(明暗の差)が強調されて味のある画像になります。

トーンカーブ(全体の明るさを修正したい時にオススメ!)

『トーンカーブ』機能は、

上部メニューバーから『イメージ』→『色調補正』→『トーンカーブ』から進みます。

そうすると、下画像のような画面が表示されます。

下画像のように、白い基準点を左上にドラッグすると、

画像が全体的に明るくなります。

逆に白い基準点を右下にドラッグすると、

画像が全体的に暗くなります。

また、下の画像のように、

使い方によってはレベル補正と同じように、

コントラストを強くすることもできます。

色相・彩度(色合いや鮮やかさを修正したい時にオススメ!)

『色相・彩度』機能は、

上部メニューバーから『イメージ』→『色調補正』→『色相・彩度』から進みます。

そうすると、下画像のような画面が表示されます。

『色相』を左右に移動させることで、

画像そのものの色合いを変化させることができます。

『彩度』をを左右に移動させることで、

画像の色の鮮やかさを変化させることができます。

『明度』をを左右に移動させることで、

画像の明るさを変化させることができます。

また、『プレビュー』のチェックを外すことで、

修正前の画像を確認することができます。

デザインをする上で、

色味の調整は必須スキルなので、

最初は色々触ってみて、自分に合う方法を見つけていきましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする