カンバスサイズ・画像解像度の変更

記事で見たい方は下へスクロール▼

衝撃の事実が発覚しました。

カンスサイズなんですね。

この記事を書くまで

カンスサイズ

と思っていましたw

まあ、そんな曖昧な感じでもphotoshopは扱えちゃいますw

さて、今回はまず『カンバスサイズ』についてお話します。

カンバスとは、

【ファイルを新規作成する】でお伝えした、

絵を描くためのキャンバスのイメージです。

基本的にカンバスサイズをいじることってそんなにないんですが、

例えば、

「作成物のサイズが変更になった」

なんてときに活用します。

まずは上部のメニューバーから、『イメージ』→『カンバズサイズ』をクリックします。

上に現在のサイズが、

下でサイズの変更ができます。

試しに幅と高さを変更してみましょう。

変更後『OK』をクリックすると、

下の画面のようにカンバスサイズが大きくなります。

大きくなったところがチェック柄になっていますが、

これは『透明』になっているという意味です。

では次に、『画像解像度』の変更について説明していきます。

上部のメニューバーから、『イメージ』→『画像解像度』をクリックします。

『解像度』の部分に任意の値を入れ、

『OK』をクリックしたら変更完了です。

ただ、画像解像度は基本的に『新規ファイルの作成』の時にすでに設定しているため、

基本的にここを変更するということはないかなと思います。

個人的にここを変更するとしたら、

例えばポスターなどサイズの大きなものをデザインしていて、

「一度クライアントに方向性を確認したい」

というような場合に、

【 解像度を小さくして、データを書き出す 】という場合くらいですかね。